WEBライティングの導入文はどう書くの?絶対に外せない5つのコツ

Webライティングの導入文 SEOライティング

どうやって導入文を書いてやろうか?
と、あなたは悩んだことがありますか。

実際、ほとんどの人はあまり深く考えないで、WEBライティングの導入文(リード文)を書いています。

え!?そんなことない?
ふむふむ、めちゃくちゃ考えて書いていると。

こんな方は優秀です。

WEBライティングにおける導入文の重要性に気づいています。本記事も読む必要はないでしょう。

しかし、もしあなたが導入文の大切さに気づいていないなら、または導入文について学びたいなら、今からぼくが紹介するコツは大変有益です。
Googleの検索順位がぐっと上がる可能性があるからです。

本記事では、WEBライティングの以下について解説しています。

  • 導入文の重要性
  • 導入文を書くコツ、または書き方
  • 導入文の練習方法

導入文のノウハウは知っておいて絶対に損しないので、しっかりマスターしましょう。

WEBライティングの導入文は、どうして重要か?

導入文の重要性

WEBライティングの導入文は、記事タイトルに続いて重要です。

記事タイトルは、検索ユーザー(読者)の注意を引き付け、記事概要を伝えるのが目的。
そして導入文(リード文)は、記事タイトルを補足説明しながら、本文に誘導するのが目的です。

ベストセラーのジョセフ・シュガーマン著「10倍売る人の文章術」にも、以下のように記述されています。

「リード文の目的は、読者に後のコピーを読ませることである」

10倍売る人の文章術

全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術

新品価格
¥1,540から
(2021/2/5 18:48時点)

その通りです。

記事は、最初の3行で読者の興味を引き付けなければ、その後の文章を読んでもらえません。
導入文は、何がなんでも検索ユーザーを本文に誘導しなければいけないのです。

しかし、WEBライティングの目的は、これだけではありません。

Google検索画面に検索ユーザーを帰らせない、というとても重要な目的があります。
Googleは、何秒間で検索画面に戻るかを測定しているからです。

検索ユーザーが「あれ?私の欲しい情報が書いてなさそうだ」と判断して、すぐにGoogle検索画面に戻ったら検索順位が落ちます。

以下のGoogleの特許情報を参照してください。

暗黙のユーザーフィードバックに基づく検索結果のランキングの変更(特許:US10229166B1)

ですから、WEBライターは1秒でも長くページに滞在してもらえるライティングをする必要があります。

もし検索ユーザーを留まらせられないならば、Googleの評価が下がり、記事の露出が減って、最悪、まったく読まれない恐れもあります。

そう考えると、WEBライティングにおける導入文はめちゃくちゃ大事なのです。

WEBライティングの導入文で、外せない5つのコツとは?

導入文のコツ

どうすればWEBライティングの導入文で離脱を防いで、本文に誘導できるでしょうか?

5つのコツがあります。

  • 読むメリットを感じさせる。
  • 共感させる。
  • 書き手を信用させる。
  • 脳に空白を作る。
  • ストーリー(物語)を導入する。

これらは、すべてが必要というわけではありません。けれども、最低一つは使う必要があります。

読むメリットを感じさせる

導入文で、記事を読むメリットを検索ユーザーに伝えます。ポジティブな未来像をイメージさせれば効果的です。

検索ユーザーは、キーワードを入力してあなたの記事を読んでいます。欲しい情報が得られなければ、すぐに離脱してしまうのです。

あなたの記事を読んで、どんなメリットがあるかをしっかり伝えましょう。

最低限、「目標キーワードに対する答えを用意してあること」を明記しないとダメです!!

たとえば、「ダイエット サプリ おすすめ」が目標キーワードだったら、「ダイエットサプリのおすすめを紹介します」と書きましょう。単純ですが、基本です。

この場合、検索ユーザーにとってのメリットは、『おすすめのダイエットサプリを知ることができる』です。
さらにダイエットサプリを飲んで、ダイエットに成功した姿をイメージさせれば完璧です。

共感させる

検索ユーザーが導入文を読んで、共感して「うんうん、分かるわかる」という状態にします。
共感すると、書き手に対して親近感が湧き、肯定的に記事を読んでもらえます。

たとえば、検索ユーザーを共感させるテクニックには以下のものがあります。

  1. 「あなた」というように二人称を使う。
  2. 検索ユーザーに質問する。
  3. 検索ユーザーと同じ悩みを書く。

1.「あなた」というように二人称を使う

二人称を使うのは、昔からあるテクニック。

「みなさん」と語りかけるより、「あなた」と書いてもらった方が親近感を抱いてもらえます。

2.検索ユーザーに質問する

質問することで、検索ユーザーに対話しているような気持ちにさせます。

質問されたら、答えたくなるでしょう?
気づくと、検索ユーザーはどんどんあなたの文章を読み進めます。

3.検索ユーザーと同じ悩みを書く

基本中の基本ですね。知っている人もいるかもしれません。

検索ユーザーの悩みと同じ悩みをあなたが持っていることを伝えると、共感されやすくなります。
共通点があると、親近感を抱くのが人間です。

でも、嘘を書くのは信用を落とす原因になるため、悩みが同じ場合のみ書きましょう。

検索ユーザーの悩みを調べる方法は、別の機会で紹介します。楽しみにしておいてください。

書き手を信用させる

導入文では、信頼性や権威性を示します。

2ちゃんねるや一部のSNSでは、匿名でも読んでもらえます。
匿名前提のコミュニティだからです。

しかし、WEBサイトやブログは、閉鎖されたコミュニケーションの場ではありません。
いろいろな人が自由に訪問できます。

誰が書いているかが非常に重要になります。
当然、書き手の信頼性によって、完読率が左右します。

検索ユーザーだけでなく、Googleの評価も左右します。

ちょっと考えれば分かりますよね。

たとえば病気について調べている場合、お医者さんや看護師さんなど医療関係が書いている記事は読む気がするでしょう。

が、どこの誰だが分からない人が書いていたら、どこまで信用して良いのか分かりませんよね。
匿名希望で偉そうに書いていたら、それだけで「何様?」とイライラしませんか。

検索ユーザーの満足度を上げたいGoogleも、信頼性のある書き手のWEBサイトを検索結果で上位表示させます。

一説には、Googleはインターネット上で書き手がどれだけ検索されているか、どんなことで検索されているかを評価していると言われています。

したがって、WEBライティングの導入文では、書き手の信頼性がとても大事です。

脳に空白を作る

WEBライティングの導入文で、脳に空白を作ることも有効な方法です。

人間の脳は疑問があると、解消しようと働きます。答えを探して意識あるいは無意識に脳が動くのです。

たとえば、「ある方法を実施したところ、TOEICで200点もアップしました」と導入文が書いてあったらどうでしょうか?
『ある方法』とはどんな方法か?」と気になって先を読みたくなりますよね。

疑問=脳の空白があると、意識レベルだけでなく、無意識レベルでも先が読みたくなるのです。

ストーリーを導入する

ストーリーを使うのは、昔から使われてきた方法です。

ストーリーは人間の好奇心を刺激します。

普段、漫画しか読まない活字嫌いな人でも、小説をちょっと読んでみたら、ストーリーに引き込まれて気づくと寝る間も惜しんで一気に読んでしまったという経験があるはずです。

ストーリーは最後まで読ませる力があるのです。

起承転結で、文章を書くことから始めると良いでしょう(起承転結は東洋の手法)。

どうやって導入文を練習するのか?WEBライティングは書くことが大事

導入文の練習

WEBライティングの導入文は、どうやって練習すれば良いでしょうか?

実はかなり簡単です。

にもかかわらず、練習方法も知りたがる人が多いです。ノウハウを学んでもアウトプットしないで、さらに教わろうとします。

こういう人は一種の病気で、ノウハウコレクターと呼ばれています。病気にならないためにも、まずは自分の頭で考えてみてください!!

どうすれば導入文の練習ができるのか真剣に考えます。

こうやって、自分の頭で考えることが大事です。
ノウハウが記憶に定着しやすくなるからです。

考えましたか?
だったら、答えの1つを紹介します。

本記事で紹介した5つのコツを使って、実際に導入文を5回ずつ作成します。

これはぼくが実際にやっている方法です。

実際に書いてみるのが一番の練習になります。

資格試験なら、参考書を何度読んでも、合格できる知識が身につきません。
問題集を実際にやって、本番の形式に慣れながら、記憶に定着させます。
そして、不明点があったら、参考書で確認します。

導入文の練習も同じです。

実際に書いてみて、分からないことがあったら、本記事で確認します。

なお、WEBライティングをマンツーマンで教えて欲しい人は、以下の講座の受講をおすすめします。初心者向けのWEBライティング全体の講座です。

短期間でライティング技術を身につけたい人は、ぜひ検討してください。

【大特急】WEBライターのための初心者ライティング講座

まとめ

WEBライティングの導入文の書き方について、解説しました。

本記事で紹介しているコツは、以下の5つです。

  • 読むメリットを感じさせる。
  • 共感できる。
  • 書き手をさせる。
  • 脳に空白を作る。
  • ストーリーを導入する。

知っているだけでは何の役にも立ちません。
必ず実際に導入文を書いて練習しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました