【ペラサイトのキーワード選定】呆れるくらい簡単な方法とは?

SEOライティング
ペラサイトキーワード選定

ペラサイトは、2021年の今でも通用するでしょうか?

すっかり下火になったという好い加減な人もいますが、

いやいや、下火なんてとんでもありません。

ペラサイトは、まだまだ通用する有効な手法です。
全盛期に比べるとさすがにかつての勢いはないものの、今でも上位表示しているペラサイトをチラチラ見かけます。

商標特化サイトが検索上位から消えたことを考えると、ペラサイトは今でもしぶとく生き残っている手法であると言えるでしょう。

では、ペラサイトは、どうやってキーワード選定するのでしょうか?
初心者でも分かるように、もっとも簡単なやり方を紹介したいと思います。

ペラサイトのキモは、キーワード選定です

キーワード選定では、検索結果で上位表示できそうなキーワードを選びます。

ペラサイトは、基本的にキーワード選定が上手くいけば何とかなります。
大型ブログやメディア、ミニサイトと比較すると、びっくりするほど簡単です。

ペラサイトは、1ページ~2ページのペラペラのサイトを指します。つまり、もっともドメインパワーの弱いWEBサイトで戦うわけです。

ですから競合ひしめくキーワードを選ぶと、検索エンジンの上位表示どころか、圏外になる恐れがあります。

このため、ライバルのいないキーワードを選んで、記事を書かないといけません。ライバルが少なければ、弱いサイトでも上位表示が可能だからです。
ただ、誰も検索しないキーワードはNGです。ある程度、検索されるキーワードを選ぶ必要があります。

ペラサイトの目標キーワードを選定する方法

キーワード選定について、深掘りして解説します。あんまり詳しく書いても、消化できないだろうから、必要最低限のことだけを書きます。

他のキーワード選定の手順については、別の機会に紹介するかもしれませんので、楽しみにしてください。

具体的なキーワード選定の方法は、以下の通りです。

ここでは、キーワードサジェストを使ったやり方を紹介します。

サジェストキーワード
サジェストキーワード例

どうしてキーワードサジェストを使うかというと、表示されたキーワードは実際にユーザーが検索したキーワードだからです。一定回数以上、検索されないと表示されないため、需要のあるキーワードと言えます。

一般的に上位に表示されるキーワードほど、検索ボリュームが大きいです。

  1. Google検索窓に、あなたが書きたい記事の商標キーワードを入力します。商標が「やせるん」でしたら、「やせるん」と入力します。すると、ずらずらと複合キーワード(商標+〇〇)が表示されます。

商標以外のキーワードでも構いませんが、初心者のうちは商標から始めましょう。記事が書きやすいし、成約(販売)まで遠くないので商品が売れやすいです。

  1. サジェストキーワードの中からどれか一つを選び、「allintitle:商標 〇〇」と入力してEnterを押します。
    タイトルに商標+〇〇が含まれているサイト数が表示されます。以下の図では、約74件がサイト数です。
  1. サイト数を確認して、10件以下の場合は調査したキーワードを目標キーワードにします。10件以上の場合は、ライバルが多いと諦めて別のキーワードを探します。

目標キーワードとは、記事で上位表示を目指すキーワードです。

  1. 探している商標でライバルが少ないキーワードが見つからなかったときは、別の商標キーワードで試してみます。
  2. 目標キーワードが決まるまで繰り返します。

ペラサイトでは、商品選定より先にキーワードを決めます。

これキモです!!

商品選定から選ぶと、ライバルの少ないキーワードが見つかりにくいので、必ずキーワードから選びましょう。

ペラサイトのキーワード選定だけを練習しましょう

ペラサイトの作成方法を誰かに訊いたことはないでしょうか?

大抵は、とにかく量産してください。20~30サイトでは少なすぎます。200~300、いやいや1000サイトはやった方が良いかも。

という無茶なことを言われた経験があるかもしれませんね。慣れてくれば、200~300サイトってすぐに作成できますが、世の中には1,000サイトを作っても稼げない人は稼げません(さすがに報酬がゼロではありませんが)。

しかし、稼げる人は短期間でコツをつかんで、30サイトぐらいで初報酬が出ることもあります。

では、どうすればキーワード選定を短期間でマスターできるでしょうか?
キーワード選定だけを練習するのです。記事作成やサイトデザイン、セールスライティングなどは置いておいて、キーワード選定だけを練習するのです。

筋トレと同じです。体全体の筋肉を鍛えるより、部位ごとにトレーニングした方が効率良いことが多いのではないでしょうか? 

特にペラサイトのキーワード選定は、他のスキルよりも重要なので、集中的に鍛えるのは理にかなっています。

手順は、難しくありません。すでに解説済み。そこそこ需要があって、ライバルが少ないキーワードを探すだけです。

サジェストキーワードからライバルの数だけチェックする作業をひらすらやります!!
1サイトのペラサイトを作成するのに、1時間~3時間かかるとしましょう。しかし、キーワード選定だけならば、2分から20分ぐらいしかかかりません。

ペラサイトを100サイト作成するのは、考えただけでも無理でも、キーワード選定だけだったらできそうだと思いませんか? たったの3時間~33時間ぐらいしかかかりません。

まとめ

ペラサイトのキーワード選定についてまとめました。キーワード選定は、ペラサイト作成でもっとも大事なので、必ずマスターしましょう。

こればかりは、訓練するしかありません。しかしぼくが紹介した練習方法では、大して時間はかからないはずです。

キーワード選定ができたら、次は記事作成です。
ペラサイトの記事の作成方法については、以下の記事を参考にしてください。2021年現在でも十分に通用する方法です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました